初心者でもわかるセルフメディケーション税制の活用法!確定申告に必要なものはこれ!【羽鳥慎一モーニングショー】

来年の1月から始まるセルフメディケーション税制って知ってますか?

なんでも薬局で買った薬の分だけ税金が控除されるみたいです。

スポンサーリンク

私は毎年確定申告をしているのでどうにか税金を減らそうと頑張っているんですが、こんなお得なことが始まるなんて全然知らなかったです^^;

ただいろいろと条件がありそうでちょっと面倒くさそうですが、当てはまれば結構お得になりそうな気はします。

そこで今回はセルフメディケーション税制とは何かというのを「羽鳥慎一モーニングショー」で紹介していたのでシェアしたいと思います。

よくわからなくても「今のところこれだけやっておけばOK!」というのがあるのでチェックしてみてください^^

2017年1月から施行!セルフメディケーション税制とは?

そもそもセルフメディケーション税制って何?なんで始まるの?という疑問がありますよね。

今回は首都医校の教授や各大学の教壇に立ち、医療番組の監修などを務める医学ジャーナリストの植田美津恵さんが解説してくれました。

言葉の意味としてセルフメディケーションとは「軽い身体の不調は自分で手当をする」ということです。

ちょっと具合が悪いくらいだったら病院に行かないで市販の薬を買って自分で治したり、普段から検診に行って体調管理をするとかですね。

そしてこの制度は1年間の市販薬を購入した金額が1万2000円を超えた分(上限8万8000円)の金額が、所得控除される可能性があるということなんです。

良い制度だなと思いますが、可能性があるというのがひっかかります^^;

これは所得控除されるにはいろいろな条件をクリアしなけらばならない、ということから来ていると思います。

セルフメディケーション税制はあまり知られていない!?

このセルフメディケーション税制、100人に聞いたところ4人しか知りませんでした。

認知度4%です^^;

なんでこんなにも知られていないのか?

実は処方箋の薬局などにはポスターが貼ってあって告知されているんですが、それじゃあ病院に行かない人は知りませんよね。

そういう人は厚生労働省のホームページを見れば出ているんですが、これもなかなか見る機会はないです。

朝起きて、「よし!厚生労働省のホームページを見よう!」という人はいないと思います^^;

なのであまり浸透していないというのが現状です。

セルフメディケーション税制はなんで始まるの?

なんで急にセルフメディケーション税制なんてやるんだろう?って思いますよね。

これには国の財政を逼迫させている「国民医療費」が大きく関係しています。

いま日本は高齢化に伴い国民医療費が年々増加しています。

平成26年の国民医療費は40兆8071億円です。

素人目に見てもこれはヤバイなってわかります^^;

これが年間で1兆円ずつ増えてるというので、医療費を抑えるために対策しようと生まれたのがセルフメディケーション税制ということなんです。

病院に行って薬を処方してもらわずに、自分でドラッグストアに行って市販薬を買うという人が増えれば、国民医療費が抑えられるんです。

なので重い病気や緊急性のあるものは別ですが、そうじゃない時はとりあえず市販薬を買ってみましょうということですね^^

扶養家族の薬代はまとめられる!

でも1人分の薬代ってたかが知れてますよね。

風邪薬だって毎回買うわけじゃなくて、1回買ったらしばらくは使えるし。

実はこの薬代、扶養家族なら一緒にまとめることができるんです。

しかも離れて暮らしていても、仕送りなどをしている扶養家族ならOKです^^

1人ではなかなかいかない金額でも、みんな合わせたら結構いくのかなという気がしますよね。

次のページでは市販薬がどのようにして「控除あり・なし」が判断されているのかご紹介します。