【サタデープラス】氷酢たまねぎでダイエット!レシピや保存期間を紹介!

サタデープラスの「ドクタープラス」のコーナーで「氷酢たまねぎ」を紹介していました。

今回は早見優さんやTKOの木下さんが10日間チャレンジをしていましたよ^^

氷酢たまねぎには血管年齢若返りダイエット効果もある優れものなんです。

そんな「氷酢たまねぎ」のレシピや保存期間など、早見さんと木下さんのチャレンジ結果も紹介します!

スポンサーリンク

氷酢たまねぎのレシピ

氷酢たまねぎのレシピ

氷酢たまねぎは酢たまねぎや酢しょうがのように漬け込む必要がないので、簡単に素早く作れちゃいます。

凍らす時間は必要ですがこれは保存や使いやすくする為のもので、作ったらすぐに使うことができます。

材料

  • 大きめのたまねぎ 2個(新玉ねぎがベスト)
  • 酢 150ml(黒酢がベスト)
  • ハチミツ 100ml

たまねぎは皮をむいて4等分に切ります

①たまねぎは皮をむいて4等分に切ります。

大きめのたまねぎを使用し、普通のたまねぎより新玉ねぎの方がミネラルが多く、糖度も高いので味わいが豊かになります。

ミキサーにたまねぎ、酢、はちみつを入れます

②ミキサーにたまねぎ、酢、はちみつを入れます。

酢は醸造酢でもいいですが黒酢にはビタミンやミネラルが豊富なのでおすすめです。

ミキサーにかけピューレ状にします

③ミキサーにかけピューレ状にします。

ピューレ状になったら製氷皿に入れます

④ピューレ状になったら製氷皿に入れます。

冷凍庫で一晩凍らせたら完成です

⑤冷凍庫で一晩凍らせたら完成です。

氷酢たまねぎは1ブロック25gなので、1日に3ブロック食べればOKです。

氷酢たまねぎの保存期間

氷酢たまねぎは凍らせなくても使用できますが、保存期間のことを考えると冷凍保存がベストです。

冷凍庫で凍らせた状態では2ヶ月冷蔵庫でそのままの状態では1週間保存することが可能です。

早見優さんの「氷酢たまねぎ」10日間チャレンジ

早見さんは元々健康体だったのですが疲労度が半端なく高かったです。検査した研究所の過去2年の実験データで最高値をたたき出しました。

前回、小島瑠璃子さんの疲労度の4倍なのでかなりお疲れですね^^;

早見優さん(49歳)の結果

  before after
血圧 116/72
(基準値 上139以下
下89以下)
 
血糖値 101
(基準値 70~109)
 83
中性脂肪 82
(基準値 50~149)
 82
血管年齢 42歳
実年齢 ー7歳
 39歳
実年齢 -10歳
疲労度 158万copies/ml
(通常の人の疲労度 ~10万)
 112万copies/ml

血管年齢がさらに若返り、疲労度もたった10日間でかなり改善されましたね。

健康な人でも氷酢たまねぎは効果があるということがわかりました^^

TKO木下さんの「氷酢たまねぎ」10日間チャレンジ

木下さんは以前、相方の木本さんがライザップに挑戦していたので、最初はライザップの挑戦だと勘違いしていました^^ かなりやる気でしたけど(笑)

最初の検査結果はかなりひどい状態で、中性脂肪が高く血管年齢も高いので動脈硬化が進んで心臓に負担がかかる深刻な状態でした。

TKO木下さん(44歳)の結果

  before after
血圧 126/70
(基準値 上139以下
下89以下)
 
血糖値 111
(基準値 70~109)
 87
中性脂肪 553
(基準値 50~149)
 407
血管年齢 59歳
実年齢 +15歳
 42歳
実年齢 -2歳
体重 114.4kg  113.6kg
体脂肪率 32.1%  30.6%
腹囲 118.7cm 116.5cm

血管年齢が-17若くなり実年齢よりー2歳若くなりました。

中性脂肪も10日間でこれだけ下がれば、継続したらもっと効果が期待できますね^^

他にも3人の主婦の方が10日間チャレンジをしていましたが、みなさん平均ー19.3歳も血管年齢が若返っていました。

次のページでは氷酢たまねぎの効果と加えると美味しくなる料理や体の老化チェックをご紹介します。