差のつくオシャレなお歳暮2016!百貨店では買えない人気商品を紹介!【ビビット】

椒房庵「ほぐしからしめんたいこ」

ほぐしからしめんたいこセット

3000円台のお歳暮の二品目は、椒房庵から「ほぐしからしめんたいこ」です。

こちらは「茅乃舎」のだしで有名な明治時代から続く「久原本家」が展開する明太子のブランドということなんですが、だしの名店が作る明太子セットって聞いただけで美味しそうですよね^^

スポンサーリンク

明太子はお歳暮の定番ですがこちらの商品は一味違います。

北海道産のタラの卵を昆布だしをベースとした特製辛子たれに漬け込んだ後、卵本来の旨味を引き出すために、吸い過ぎたたれを抜くという一手間が加えられています。

明太子ってたまにしょっぱいなって時がありますが、吸い過ぎたたれを抜くって相当なこだわりですよね。

白いご飯の上に明太子をのせる

さらにゆず、昆布漬、七味など5種類の珍しいめんたいこがセットになって、福岡限定商品のお土産としても大人気なんだそうです。

シンプルにほかほかのご飯にのせて食べてもいいですね^^

だしの名店が作る「ほぐしからしめんたいこ」8個セットは3086円(税込み)です。

京都雲月「小松こんぶ・梅びしお・じゃこ・福豆セット」

京都雲月「小松こんぶ・梅びしお・じゃこ・福豆セット」

特にお世話になっている方への5000円台のお歳暮の一品目は、京都雲月から「小松こんぶ・梅びしお・じゃこ・福豆セット」です。

高級感のある桐箱に入って一気にお歳暮感が増しましたね^^

4種類の瓶づめを選んで桐箱に入れてくれるセットで、小松こんぶ、梅びしお、じゃこ、黒豆が冨田さんの一押しのおすすめだそうです。

4種類の瓶づめを選んで桐箱に入れてくれるセットで、小松こんぶ、梅びしお、じゃこ、黒豆が冨田さんのおすすめ

おせち料理の黒豆はたまに甘すぎたりするけど、この丹波の黒豆を使った福豆は甘すぎず上品な味です。

そして享保16年から京都の御所に薬御用人として始まった、薬味の本家本元の山椒が効いているじゃこと小松こんぶは普通では味わえないと思いますよ^^

江戸時代から続く料亭の究極の手土産セット「小松こんぶ・梅びしお・じゃこ・福豆」は5292円(税込み)です。

高野きのこプラント プレミアム椎茸「天惠菇」てんけいこ

高野きのこプラントプレミアム椎茸「天惠菇」てんけいこ

5000円台のお歳暮の二品目は高野きのこプラントのプレミアム椎茸「天惠菇」てんけいこです。

お歳暮の定番といえば干し椎茸ですが、この天惠菇はその常識を覆すような巨大椎茸なんです。

普通の椎茸と天惠菇をくらべた

スーパーで売っている普通の椎茸と比べてみると全然大きさが違いますね^^;

たまにテレビとかで出てくる突然変異した巨大化した野菜みたいです。

10年の歳月をかけて作られた天惠菇は一般的な椎茸の3倍の大きさがあるんです。

しかも大きいものってだいたい大味になってしまいますが、なんと旨味成分も3倍ということなんでお得感は9倍です。(単純に掛け算しただけです^^;)

天惠菇の網焼き

色んな料理に使えると思いますが、網焼きして椎茸ステーキとして食べるのがおすすめです。

付属の徳島産のすだちをかけていただきます^^

椎茸の汁がすごくてジューシーで香りもよく、この大きさだから食べごたえがあります。

グランプリを受賞したプレミアム椎茸「天惠菇」6個入りは5000円(税込み)です。


お歳暮って普段使うものでちょっと良いものを贈るのがポイントですよね。

いいお値段なのでなかなか自分では買わないから、貰ったら嬉しいと思います。

今回紹介したものは3000円台でも中身は充実、5000円台はオシャレで高級感があるので贈り物にはピッタリだと思います。

ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする