【モーニングショー】健康診断チェックテスト!認知症・心筋梗塞・脳卒中・がん・目の病気が自宅でわかる

手のひらや顔が赤いと血流が悪い

え?逆じゃないの?と思うかもしれませんが、実は手のひらや顔が赤い方が血流が悪いみたいです。

石原先生によると血流が悪いと、血管を開いて血流を良くしようとするので赤くなるそうです。

私は子供のころ白かったですが、今はめっちゃ赤いです^^;

スポンサーリンク

それはいいとして、もし手のひらや顔が赤い人で3つのチェックに当てはまる方は注意が必要ということですね。

脳卒中がわかる2つのテスト

脳卒中も突然やってくる怖い病気の一つです。

そしてこの脳卒中も自宅でわかる簡単なチェック方法があるんです。

「20秒でできる片足立ちテスト」「10秒でできる腕出しテスト」です。

どちらも簡単にできるのでぜひチェックしてみてください。

片足立ちテスト

片足立ちテスト

やり方は「目を開いたまま片足で20秒断つ」それだけです。

これ目も開けてるしすごく簡単そうですが、やってみると意外と難しいです。番組でチャレンジした60代の方は20秒を待たずに派手に飛んでいきました(笑)

このテストで何がわかるかというと、20秒立てない人の3割の人に小さな病変(出血や梗塞)が生じているそうです。

石原先生によると20秒立てなかった場合、右足のときは左脳、左足のときは右脳に問題がある可能性があるそうです。

ということは両足でテストした方がいいですよね。

腕出しテスト

腕出しテスト

やり方は「両手を肩の高さ上げ、手のひらを上にして目を閉じて10秒待つ」これも簡単ですね。

このテストをやるとどうなるかというと、問題がある場合はどちらかの手が下がります

石原先生によると、筋肉や運動をつかさどる大脳に問題があると腕が下がってくるそうです。

問題がないなら両腕が同じ高さでキープできるということですね。

便をチェックで「がん」がわかる

便で体調がわかるとはいいますが、ちゃんと見てる人は少ないと思います。

私はほぼ見ないです^^;

でも便でがんがわかると言われたらチェックせずにはいられないですよね。

便のチェック

  • 黒ければ胃がん
  • 赤ければ大腸がん
  • 白ければ胆のうがん

この色の便が出たらこれらのがんを疑ったほうがいいみたいです。

新聞紙を使って目の病気をチェック

目の病気というのもなかなかわかりにくいものがあります。

これも新聞紙を使うと簡単にチェックすることができます。

新聞紙でチェック

  • 白内障 … 日光の下ではキラキラして読みにくい
  • 緑内障 … 全体を眺めて一部見えないところがある

直射日光の下で新聞を読んでください。キラキラして読みにくい場合は白内障の疑いがあります。

新聞の全体を見るようにして一部暗くなって見えないところがあると緑内障の疑いがあります。

それとまぶたの上から手で軽く押さえてみてください。堅い人は眼圧が高くなっています。

眼圧が高いと視神経を圧迫して最悪の場合、失明してしまうそうです。


いろいろなチェック方法がありましたがあくまでも目安なので、何かおかしいなという時にはすぐに病院に行くようにしてください。

それでも普段からチェックしておくことで早期発見できるので、自分だけでなく身近な人にも教えてあげてお互いに健康チェックをするといいと思います。