墓じまいトラブルを解決!費用や相場をチェック【羽鳥慎一モーニングショー】

いま「墓じまい」が増えてきていますが、それとともに墓じまいのトラブルも急増しています。

突然お寺から300万円の請求をされるケースもあったみたいです。

スポンサーリンク

私はまだ両親が健在なので墓じまいのトラブルに遭遇したことはありませんが、突然お金を請求されたら怖いですよね。

そこで今回は墓じまいに関するトラブルをまとめたものを「モーニングショー」で紹介していたのでシェアしたいと思います。

そしてトラブルに合わないためにはどうすればいいのか、トラブル解決の方法もいくつかやっていましたよ^^

そもそも「墓じまい」って何?

墓じまいとはいろんな理由でお墓を維持できなくなったときに行うもので、遺骨を取り出しお墓を解体して更地の状態に戻すことです。

そのあと遺骨は新しいお墓に移ったり、永代供養のお墓に入れたり、納骨堂に入れたり、樹木葬で埋葬したりいろいろな方法で遺骨を供養します。

残った墓石は有益になるよう道路の砂利として再利用されたり、壊すのはちょっと忍びないという人は広島県福山市の不動院にある墓石のお墓に移すこともできます。

確かにお墓を壊して道路にするのはいい事だとは思いますが、やっぱり忍びないですよね^^;

なぜ墓じまいが増えているのか?

最近は特に墓じまいする人が増えてるといいます。

厚生労働省の衛生行政報告例では2015年度は91567件で5年前より2万件近くも増えているんです。

その理由は様々です。

  • このままお墓を持っていても少子高齢化で後継者がいないのでお参りしてくれる人がいなくなってしまう
  • 都心に住んでいるけどお墓は地方の田舎にあるのでお墓参りに行きたくても遠くていけない
  • 都内に住んでいて地方にお墓があるので行けても1年に1回になってしまうので、だったら小さくなってしまうけど家の近くのお墓で頻繁にお参りできるようにしたい
  • 地方のお墓は山の上とか急斜面にあったりして、その登り降りが高齢で辛くなってきた
  • お墓の管理を近くの親せきにお願いしているが、高齢なので掃除とかも大変だし頼みづらい

お墓参りが負担になって墓じまいする人が増えているということですね。

また、それに比例してトラブルも多発していて、お墓を処分しお寺を離れるときに100万円を超える高額請求をされた人もいるそうです。

次のページでは親族間での墓じまいのトラブルの解決方法や墓じまいにかかる費用や相場をご紹介します。