腸内フローラダイエット!おすすめの食べ物は?オリゴ糖入りヨーグルト!【羽鳥慎一モーニングショー】

最近よく「腸内フローラ」という言葉を耳にします。

便秘や肌荒れ、肥満や花粉症にいいと最近の研究でわかったそうです。

これだけの効果があると女性は見逃せないですよね。

私は肥満と花粉症と聞いて「これだ!」と思いました^^

スポンサーリンク

今回はそもそも腸内フローラって何なの?と思ったのでいろいろ調べていたら「羽鳥慎一モーニングショー」で徹底解説していたのでシェアしたいと思います。

腸内フローラを活性させるスペシャルドリンクや腸を元気にする体操もあるので必見です。

腸内フローラとは

腸にいいということはわかってるんですが、そもそも腸内フローラって何なのかというと1000種類、1000兆個以上の細菌のことをいいます。

なんでこの名前が付いたかというと腸内の映像を細菌の種類ごとに色分けすると、それがお花畑に見えるので「お花畑=フローラ」なので腸内フローラと呼びます。

私はてっきり腸にいい食べ物だと思ってました(笑)

そしてお花畑に見える模様がどうなってるか大事で、どんな種類の細菌がどれくらいいるのかが腸の健康に深くかかわってくるので、いま注目されているということです。

腸内でなにがおこっているの?

腸内細菌といっても所詮は菌だから大したことないでしょと思いきや、腸内の菌をかき集めるとその重さは1.5~2kgもあるそうです。

こんなに!?って感じですよね。だって500mlのペットボトル3~4本ですよ。

そして順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生は腸内ではいつも細菌の陣取り合戦が行われてるといいます。

これだけの量の細菌が腸内の陣取りのために戦ってるんだから放っておけないですよね。

その陣取り合戦の様子が腸内フローラの模様になってくるというわけです。

腸内三大勢力

腸内には1000種類、1000兆個以上の細菌がいるといいましたが、その中でも勢力の強い菌がいます。

なんだか戦国時代みたいですね^^

【腸内三大勢力】

  • 善玉菌 … ビフィズス菌、乳酸菌など
  • 悪玉菌 … 病原性大腸菌、ウェルシュ菌など
  • 日和見菌 … バクテロイデスなど

善玉菌と悪玉菌はよく聞きますが日和見菌はあまり聞きません。

日和見菌はその名の通り環境によって善玉菌の味方をしたり悪玉菌の味方をしたりする、空気の読める菌なんです。

そしてこの三大勢力には理想的なバランスがあって、それは「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」です。

これを見て不思議に思うのは悪玉菌も必要なんだなというとこ。

小林先生によると菌の世界も組織と一緒で悪いものがいないと善玉菌がさぼるみたいです^^;

いい人と悪い人と空気読む人がバランスよくって、まるで人間社会みたいですね。

腸内フローラのメリット

腸内フローラが整っているという状態は先ほど説明した割合で、菌がバランスよく共存している状態です。

そしてその状態になるといいことだらけでいろんなメリットがあります。

腸の動きが活性化

腸内細菌の状態がよくなると腸の動きが活性化します。

すると「快便」の効果があります。

さらに便が出やすくなると「お肌ツルツル」の効果もあるということです。

花粉症が改善

アレルギーというのは腸内細菌の乱れで反応を強くしてしまいます。

腸内環境を整えることでアレルギー症状が改善し花粉症もよくなるということです。

小林先生の患者さんも3割が改善したそうです。

気分がポジティブに

腸内フローラは心の健康にも欠かせません。

幸せホルモンと言われている「セロトニン」はほとんどが腸内で作られています。

腸内環境がよくなることでセロトニンがどんどん作られて、うつ症状が軽減したり気分がポジティブになります。

やせやすい体質になる

腸が活性化されると食べ物が細かく分解され体中に栄養が行き渡ります。

でも悪玉菌が多くなると不純物が多く出て体に栄養がいかず、皮下脂肪や内臓脂肪などに蓄積されていまいます。

ちょっとしか食べないのにぶくぶく太ってしまう人はそういうことが起こってるからなんです。

腸内フローラは生活習慣で乱れる!?

これだけメリットがあるとますます腸内フローラを試したくなってきますが、生活習慣によってはかなり乱れてしまうことがあるそうなんです。

しかもこの習慣が結構やってしまいそうなことばかりなので必ずチェックしておきましょう。

お肉ばかり食べると…

私はお肉大好きだからついついお肉ばかり食べちゃうんですよね^^;

でもお肉好きの人は気をつけてください。

お肉ばかりを食べると悪玉菌が増えて善玉菌が減ってしまいます。

さらに日和見菌が悪玉菌の味方になり腸内フローラが乱れていきます。

【腸内フローラの割合】

  • 善玉菌1
  • 悪玉菌4
  • 日和見菌5

こうなるとどんな症状がでるかというと「便秘気味」になり便やおならが臭くなります。

便秘で臭い人は要注意です。

さらにそこから悪玉菌が増えてまた便秘になるという、負のサイクルに入ってしまいます。

運動不足で間食していると…

これに当てはまらないという人を探すほうが難しいのではないでしょうか^^;

これやっちゃうと腸内フローラは最悪の事態になってしまいます。

【腸内フローラの割合】

  • 善玉菌0.1
  • 悪玉菌5
  • 日和見菌4.5

この状態の腸というのは休む時間もないし手助けをする手段もない、常にストレスがかかった状態です。

消化吸収が悪くなり便秘にも下痢にもなって、さらに腸内を悪化させる負のサイクルに入っていきます。

そうなると病気のリスクが高まり、最悪の場合大腸がんという可能性もあるということです。

そうならない為にも次のページでは腸内フローラを整える極意やスペシャルドリンクをご紹介します。