初心者でもわかる圧力鍋の選び方&使い方!簡単レシピも紹介【スッキリ】

圧力鍋なら簡単レシピ!お家でできる「参鶏湯」

参鶏湯といえば鶏をまるごと1羽にもち米をつめて煮込む、女性に人気の韓国の薬膳スープですよね。

この寒い季節に温かい参鶏湯を食べられたら最高です♪

スポンサーリンク

お店ではたまに食べたことありますが、そもそもお家で作ろうという発想がなかったです^^;

1羽まるまる鍋に入れて煮込むとなると、丸1日くらい時間がかかりそうですもんね。

でも家ではなかなか作れない参鶏湯ですが、圧力鍋を使うと簡単レシピになってしまうんだそうです。

鶏1羽って買ったことないですけど意外とスーパーに売っていて、特にクリスマス前のこの時期には丸鶏を扱うお店が多いので手に入りやすいみたいです。

大体、丸鶏1kg以上で約1500円くらいです。

参鶏湯の材料

  • 丸鶏 … 1kg以上
  • もち米 … 80g(水に30分浸す)
  • 松の実 … 大さじ1
  • クコの実 … 大さじ1
  • レーズン … 大さじ2
  • にんにく … 2片
  • しょうが … 1片
  • 酒 … 100ml

丸鶏の中に材料を詰めます

丸鶏のお腹の中に水に浸したもち米と具材を半分ずつ交互につめていきます。

池田さんのおすすめはコンビニとかで売ってる、甘栗とかをアクセントに入れても美味しいみたいですよ^^

丸鶏の皮をひっぱりつまようじで止めます

材料をつめ終えたら両側の皮をひっぱり、つまようじで3ヶ所程とめます。

足をクロスにしてタコ糸で結ぶ

足をクロスにして中の材料が出ないようにタコ糸で結びます。

結んだら丸鶏をそのまま圧力鍋に入れてください。

丸鶏を鍋に入れる

酒100mlと鶏が9割浸かるまで水を入れます。

蓋を閉めたら圧力がかかるまで10分くらい強火にかけます。

オモリがシュシュシュといったら加圧された合図なので、弱火にして20分待ちます。

圧力鍋はかかる圧力によって加圧時間が変わるので、あらかじめチェックしておきましょう。

参鶏湯の加圧時間

  • 高圧 140kPa 約20分
  • 普通圧 80kPa 約40分

丸鶏加圧完了

20分たって圧力が下がったら蓋を開けます。

最後にアクを取りながら2~3分煮たら完成です♪

調理時間40分で参鶏湯ができるなんて、本当に簡単レシピですね^^

参鶏湯完成

食べるときはつま楊枝やタコ糸を取り、ナイフで切り分けてください。

お好みで塩こしょう、パクチーをトッピング

お好みで塩こしょう、パクチーなどをトッピングしてもいいですよ^^

お酒とちょっとの塩こしょうだけなのにすごくコクが出ていて、具も柔らかくて美味しい参鶏湯です♪


クリスマスや年末年始には圧力鍋が欠かせなくなりそうですね。

私はさっそくワンダーシェフを買いに行ってきますw

一度使ったら圧力鍋から戻ってこれないというくらい便利なアイテムなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか^^